2012年05月21日

太陽と月と自分が一直線の日

とうとうやって来ましたね、金環日食の日!

全宇宙空間の中で、太陽と月と地球上の自分が一直線になると
いうことなんですが、それを感じるだけで何と素晴らしいので
しょうか〜!宇宙のこの光景と自分が存在するということが、
こんなに身近に感じられる時って、他に無いですよね〜

こんな日だからこそ、私なりのこだわりやよりみちをしてみた
いと思い、自分の芸術作品の一部を使って金環日食を記録して
みようと、こんなものを昨晩用意してみました。


アルミ作品の部品のひとつをピンホールの穴の代わりにリベッ
ト穴を利用しようと!
P5201621.JPG


直接太陽を見ないでこんな具合に見えるはずだったのですが〜
P5201620.JPG


実際には、金環日食の時間にちょうど厚い雲がかかってしまい
こんなんでした〜
P5211622.JPG

厚い雲がフィルター代わりになったので、コンデジでそのまま
撮影できました。
せっかくのアルミパーツの穴が使えない〜


自宅前で息子はこんな格好でした〜
P5211632.JPG

日食観察グラスを使ったら、逆に見えにくかったのです〜

でも、一緒にこの時間を共有できたのはよかったです!


それから、本日私は遅番出勤ですが、今作っている作品が遅れ
ているので、急いで実家の作業場へチャリで〜


途中淀川河川敷で急に快晴で、部分日食が気になったので、ち
ょっと観察〜
P5211637.JPG


専用グラスを使って撮影で、こんな欠けかた〜
P5211633.JPG


それをあのアルミパーツの穴で見るとこんなシルエット〜
P5211636.JPG


やってみてわかったのですが、穴が大きい場合(これ)、影
をくっきりさせると穴の真円の形で写るのですが、この影を
ちょっとぼかすように写る場所から離した時に太陽が欠けた
シルエットが出るのです。
この画像ではちょっとわかりにくいですが〜

不思議やわぁ〜!

タグ:金環日食
posted by よりみちジッタ at 12:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270861573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。